So-net無料ブログ作成
検索選択

2週間過ぎました。

少しづつ元の生活に戻りつつあります。

でも、ガソリンは相変わらずの争奪戦!!

私は普通に勤務してますし、旦那も会社は休みですが毎日会議とか?でいない。

なので、ガソリンには並べず。

食料もあるものや、妹が調達してくれたものでしのいでます。

床暖も修理でき、復活!
今日は温水器の修理、うまく修理出来たらお風呂も復活なるが??

仕事も通常業務に戻ってきました。

ただ、滞っていた業務の処理で大変です。

一歩一歩、あの日のあの時間の前に戻ってきてます。

残念なことは、地震による津波に遭われた方々の地域の復興はまだまだ時間を要するでしょう。



ここからは友達へも気持ちを綴らせていただきます。
スルーしていただいて構いません。



 のりへ。

あの日の地震で自分に余裕がなく、家族との連絡だけで精いっぱいでした。
その後は携帯が繋がらなくなり、友達との安否確認もできない状態。 
当日は仕事も緊急態勢で遅くまで勤務だった。
仕事場でもいろんな情報が入り、仙台空港まで津波が来たって。

でも、私は仕事(仙台空港周辺)に行ってるのりは職場で避難していると、大丈夫だと思っていました。

携帯が繋がるようになって「大丈夫?無事なの?」ってメールしたのに返事が返ってこない。

お家は流されてしまったけど、旦那さん、子供たち3人は無事って聞いた、でものりだけが安否確認取れてないって。

友達もみんな心配して電話したけど繋がらない。メールしたけど。。。

電池切れかも?

みんな生きているって思っていたから。




必死の家族の捜索で見つかった時には遺体安置所って連絡あった。

そして、昨日やっとのりに会えました。

たくさんの棺が置かれた斎場に。

友達みんなで会いに行ったんだよ。

顔見ても別人みたいでのりだと思えない。

なんで、あの日あのとき会社から地震のあと家に向かったの?

なんで?

私にはのりが亡くなったこと信じられないし、受け入れられない。

私たちのなかではのりはいつも一緒だから。
そして一緒に歳とって行くの。

だから、いつもとおんなじようにお花見したり、いも煮会したり、忘新年会やるぞ。

今年から一年一万の積立して十年後はみんなで海外旅行行くんだから。

約束したじゃん!





大丈夫だよ、のりのこと忘れない。
みんなの中で生きづつけるから。。。



同じように被災によって亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。


私たち残されたものはしっかりと記憶にとどめ一日でも早く元の生活に戻れるように。
そしてお互い助け合って明日に向かいましょう。



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。